ウィスキーをタダで飲んで節約する方法-アサヒ-

アサヒのウィスキーといえばニッカウィスキーです。

昔からあり、なじみの深い方もいるでしょう。

このニッカウィスキーが作られている工場は全国に2つあります。

ひとつは北海道余市にある余市蒸溜所です。

ここはニッカウィスキーだけでなく、日本ウィスキーの聖地ともいわれている場所です。

もうひとつは宮城県仙台市にある宮城峡蒸溜所です。

2つとも約1時間の工場見学となります。

ただし余市蒸溜所は9時から17時までです。

宮城峡蒸溜所は9時から15時時半までとなっています。

特に余市蒸溜所はガイド不要であれば、フリー見学といって自由に出入りできるようになっています。

わざわざガイドをつけるのはちょっとという方もふらっと入れるのは魅力ですよね。

神秘的で歴史を感じさせ、まるでタイムスリップしたようなムードたっぷりの見学は毎回人気のようです。

カップルにも良いでしょう。

さらに魅力なのが、試飲です。

できたての高価なウィスキーを堪能することができるのです。

ただしお一人様2杯までですので、ご注意ください。

また余市、宮城峡ともに周辺には観光スポットもあります。

アルコールの試飲ですのでドライブがてらというのは難しいですが、充分に楽しめることでしょう。

ウィスキーづくりへの熱い思いとこだわりをしることができます。

また受け継がれる職人技には感心することしきりだと思います。

工場見学後に自宅やホテルでゆっくりとウィスキーを楽しめば、よりおいしく感じることができますよ。

zp8497586rq

ワインをタダでのんで節約する方法ーアサヒー

アサヒのおいしいワインを無料で飲んでみませんか。

アサヒのワイン工場は山梨県山梨市にあり「サントネージュ山梨ワイナリー」といいます。

こちらの工場見学でワインを試飲するのです。

もちろんアルコールがダメな方やお子様、ドライバーにはぶどうジュースが配られますのでご安心ください。

この工場見学は9時~12時と13時~16時の間に開催されます。

見学時間はおよ30分とほかの工場見学に比べると、かなり短いです。

ワインを早く飲みたい方にはいいでしょう。

定休日は年末年始ですので、いつでも気軽に行けますね。

ただし、事前に電話かインターネットでの予約が必要です。

それと製造ラインなどの工場設備の案内はありません。

それらを紹介したビデオの視聴とワインの試飲というのが見学の内容です。
best mac antivirus software

実際の施設も見られないのにわざわざ行っても仕方ないと思われる方も多いでしょう。

しかし、この工場の周辺は自然豊かでさまざまな観光スポットがあります。

例えば富士山が見える絶景露天風呂「ほったからかし湯」は新日本三代夜景に認定されました。

他にも笛吹川温泉や正徳寺温泉が有名です。

そして山梨らしいフルーツ公園もあります。

公園といってもその広大な敷地には飲食店や温泉施設もあり、一日中遊べそうなスポットです。

以上、紹介したスポットはワイン工場から車で20分以内に点在しています。

ぜひ友達やファミリーでお越しください。

最後になりましたが、ワイン工場ではワイン教室が定期的に開かれています。

参加費は700円で、ティスティングやおつまみなどがつきますよ。

zp8497586rq

ソフトドリンクをタダで飲んで節約する方法-アサヒー

アサヒのソフトドリンク(ジュース)工場は、全国に4ケ所あります。
%%anc%%

静岡県富士宮市にある富士山工場。

ここで主に作られているのは500ml以下のパナジウム天然水や十六茶です。

富山県新下川郡にあるのは北陸工場。

ここでは主にワンダなどの缶コーヒーなどが製造されています。

茨城県守屋にある茨城工場。

こちらでは炭酸飲料や十六茶が主な製造商品となります。

兵庫県明石市にある明石工場。

主な製造品は2Lサイズのお茶や缶コーヒーです。

ソフトドリンクの工場見学ができるのは茨城工場を除いた3ケ所の工場になります。

工場見学後、ビデオ鑑賞をしてソフトドリンクをお土産にいただくのが見学の流れです。

アルコールが苦手な方や、お子様連れには適しているでしょう。

人数は2名から受け入れ可能ですので、家族単位でも気軽に申し込むことができます。

北陸工場と富士山工場は50名まで、明石工場は200名まで見学可能です。

小学生の社会見学などによく利用されているようです。

工場見学の所要時間は1時間から1時間半で、事前に予約が必要になりますのでご注意ください。

定休は3工場とも土日祝日と年末年始になります。

時間は工場によってまちまちなので、予約時に確かめておくことをオススメいたします。

無料で大規模な製造過程が見れて、おいしい飲み物も頂ける工場見学は節約家にとってはお得なレジャーです。

ちなみに茨城工場にはビール工場が併設してありますので、そちらの工場見学は可能です。

zp8497586rq
zp8497586rq
zp8497586rq

ワインをタダで飲んで節約する方法ーサントリーー

ワインが大好き。

食事にはいつもワインを飲みたい。

そんなあなたにワイン工場の試飲についてご案内します。

今回ご紹介するのはサントリーの登美の丘ワイナリーです。

場所は山梨県甲斐市にあります。

新宿から特急で2時間で着きます。

ちなみにビール工場などと同様アルコールですから、車でのアクセスはご遠慮ください。

まずその広大さに驚くでしょう。

丘全体がサントリーのワイナリー工場やぶどう園なのですから。

ここで開かれる見学ツアーは3種類あります。

まず一つ目はオーソドックスなワイナリーガイドツアーです。

歴史や醸造施設を見学します。

中でも人気なのが瓶熟庫です。

ここでワインが熟成されるときに放つ神秘的な音と雰囲気には誰もがうっとりとするでしょう。

そして最後は無料ティスティングです。

次のツアーは登美ティスティングセミナーです。

ぶどうづくりのこだわりや香りの利き分け体験をまず受けます。

その後は登美の丘ワイナリーでできた最高峰の「登美2004(赤)」・「登美の丘(赤)」「登美の丘(白)」を試飲。

毎週土日祝日の11時半からと14時半に始まり、1時間の所要時間です。

参加費は1000円で、ドライバーにはソフトドリンクが提供されます。

当然未成年の同席はできませんので、ワイン好きな友人らと参加することをおすすめいたします。

また、季節に応じて「特別ワイナリーツアー」が開催されます。

参加費は2000円かかりますが、ワイン好きにはたまらないようで、大盛況のようです。

zp8497586rq

天然水をタダで飲んで節約する方法ーサントリーー

サントリー工場見学には天然水工場見学もあります。

天然水をわざわざ飲みに行くなんてと思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、おいしい水があるところには素晴らしい自然があります。

それだけでも立派なレジャーですよね。

大自然に囲まれるだけでも癒されますので、ぜひ参加してみて欲しいのです。

この天然水見学工場の場所は全国に3ケ所あり、もちろん無料です。

サントリー天然水の第1のふるさとである山梨県北杜市の白州工場。

サントリー天然水(阿蘇)のふるさとの熊本県上益城の九州熊本工場。

サントリー天然水の第3のふるさとである鳥取県日野郡の奥大山ブナの森工場です。

奥大山ブナの森工場だけは予約が必要です。

見学の内容は天然水をペットボトルに詰めている所や包装の作業過程などです。

そのスケールに驚かされること間違いなしでしょう。

お子さまがいらっしゃるなら夏休みの自由研究にもってこいですね。

一通りの見学が終わったら、天然水の試飲です。

飲み比べなどもあり、その奥の深さに新鮮さを感じることでしょう。

サントリーのホームページに優待券があります。

それをプリントアウトして持参すると素敵なおみやげもいただけるようですよ。

またビール工場と併設の場合はビール見学と試飲などもできます。

また特別セミナーなどのイベントも開催されていますよ。

開催日および工場見学日は工場によって違いますので、事前に問い合わせしておくと便利ですね。

ちなみに見学時間は約1時間です。

zp8497586rq
zp8497586rq

生活に役立つ「節約」のノウハウ満載のサイトです。